INTERVIEW

インタビュー

プロモーション営業部制作課

2018年入社

N.D.プロモーション営業部制作課

誰かの勇気ある発言や、新しい意見を突っぱねるような雰囲気がない。
求められるものを超えるぐらいのチャレンジに、誰もが前向きです。

QUESTION 01

入社を決めた理由。

前職で広告制作業務をしていた経験を活かしながら、小売に向けたアプローチを考える未経験の仕事の中で自分を成長させることができると感じたためです。前職では手を動かして実際に広告を作る「制作」の業務に特化した働き方をしていましたが、今はキャンペーンプロジェクトを取り巻くステークホルダーとのやり取りや進行、キャンペーンが始まるまでのスケジュール管理まで任せていただいています。バリューアンドリンクの営業担当者やクライアントのご担当者様、グループ会社の担当者など様々な人と連携しながらひとつの広告キャンペーンを作り上げていくための動きをしているので、コミュニケーションの量と相手が圧倒的に増えました。裁量ある仕事を遂行する中で失敗も成功も経験でき、自分自身が成長できるところは思い描いていた通りだったので、自分らしい働き方ができているなと感じます。

QUESTION 02

毎日どのような
仕事をしていますか?

ドン・キホーテの店舗と連動した販促キャンペーンの企画・運営・管理・確認・調整など多様な業務をさせていただいています。クライアントによって担当する業務の範囲が異なったり、何をどこまで自分の考えで決められるかといった裁量の範囲も様々です。一介の作り手であることにとどまらず、買う側も売る側も誰もが満足できる広告キャンペーンを作ることを目標に「今度はこんなことをしたらいいんじゃないだろうか」というのを考えるのが私の仕事です。
具体的な業務としては、部署内では毎日営業課と細かい確認業務を行ったり、企画の進め方やクライアントの状況をすり合わせたりします。部署外ではキャンペーンプロジェクトを取り巻く外部の制作会社と打ち合わせたり、スケジュールの調整を行ったりしています。

仕事風景1

QUESTION 03

日々の業務の中で感じる
「バリューアンドリンクのいいところ」
はどんなところですか?

会社の人にも、社風にも、「チャレンジ精神」があるところだと思います。新しい意見を取り入れづらい風潮はなく、会社そのものの文化が「新しいことに挑戦してみよう」という方向性なので、周囲が納得すれば「とりあえずやってみる」ことができるというのはやはり強みではないでしょうか。
誰かが勇気を出して発言したことや、これまでになかった意見を突っぱねるような雰囲気はもともとありませんし、同僚や上長の方たちの中にも「相手の意見を受け入れる」心構えが出来上がっているなと感じます。その基盤には、「今がゴールじゃない」ということを社内の全員が分かっているということがあるように感じますね。クライアントが求めているものも日々変わっていく中で、決して現状に満足せずさらに上を求めていかなければならないとなれば、新しい意見を取り入れていく柔軟な姿勢が当然要求されます。当たり前のことではあるのですが、それを実践できているというのはやはり良いことだと思いますね。

QUESTION 04

仕事をするうえで大切にしている
価値観はなんですか?

「選択肢は常にやるかやらないかの二つしかない」というのが、仕事に限らず私が大切にしている価値観です。またその価値観に基づいて、行動を起こすか起こさないかの判断をするために「何事も客観的に見つめてみること」「相手の立場になって物事を考えてみること」も大切にしています。
クライアントのためになることを考えた結果意見が衝突するのは当然起きうることなのですが、その際は当初の目的に立ち返り「そもそも何のためにやるのか」ということにもう一度考えを巡らせ、議論を重ねています。「客観的に物事を見つめる」というのは、「目的の部分に立ち返る」ということでもあると思うのです。また、全員が同じ目的に向かおうとしているという前提のもと「この人はどのような目線から考えてこう主張するのだろう」と相手の立場になってみることも、仕事を円滑に進めるうえでは必要不可欠だと思いますね。

仕事風景2

QUESTION 05

入社してからのことで
最も記憶に
残っていることを
教えてください。

やはり自分の関わった企画が実際に店舗で展開されているのを目にしたときは嬉しいです。またキャンペーンでは結果を検証するために反響の目標値を設定するのですが、その数値が想定より良かったときも嬉しさややりがいを感じます。クライアントが何を求めているかを感じ取る力や目的に沿った手段を考えられる力、それを実行に移していく力など、総じて「主体性」が求められていると感じます。
また嬉しいことの裏返しでもあるのですが、満足のいく結果が得られなかったときは当然「簡単にはいかない、難しい」と思いますし、振り返らなければならないこともたくさんあります。自分が心がけているのと同じように、同僚なども客観的に観察して「こうだったんじゃない?」という意見を出してくれたりしますし、そうした繰り返しがこの会社での日常になって「意見が言いやすい雰囲気」を作ってくれているようにも思いますね。課題を発見することはたくさんありますが、全員が共通の目的に向かって歩むことができるベースが整っているので、そうした議論や工夫を重ねていく過程もおもしろいと感じられています。

QUESTION 06

これからやってみたいことや、
将来のビジョンがあれば
聞かせてください。

せっかく「何にでも挑戦できる」風土があるので、私自身やりたいことを抑え込まないようにして、クライアントが求めているものを一緒に探しながらできれば「やる」方をいつも選べるような姿勢を常に持っていたいなと思っています。会社としての成長も個人としての成長も、いろんな企画を模索して、求められるものを超えるぐらいチャレンジを実行していく中で実践できるものなのだと思います。バリューアンドリンクで働く人にはいつもそんな精神を持っていてほしいと思いますし、ひとりひとりが自分の考えを持っていないと何事も良い方向には転ばないものだと思います。今までのやり方を良くしていくのも、全く新しいやり方を試してみるのも、どちらも同じくらいやっていきたいなと思いますね。

仕事風景3

schedule1日のスケジュール