INTERVIEW

インタビュー

ソリューション営業部

2018年入社

O.K.ソリューション営業部

日頃から「最近どう?」「大丈夫?」といった声掛けが飛び交う会社。
目標に向かって「なんのためにやるのか」をみんなで考え続けています。

QUESTION 01

入社を決めた理由。

「小売と卸をソリューションでつなぐ」という業務内容がとても面白そうだなと感じたからです。また、面接していただいた方の印象がとても良かったので、人間関係も良い組織なのだろうなと思いました。入社後すぐにその方が上司になってくださったのですが、初日からランチをご一緒させていただいたりもしました。コミュニケーションは多いなと感じます。
前職はBtoCの会社で接客業をやっていたのですが、バリューアンドリンクのビジネスモデルはBtoBなので、これまでに私が経験してきた業務内容やコミュニケーションとは根本的に異なっていることがたくさんあります。この会社では様々なクライアントの卸の担当者の方や経営者の方などと直接やりとりができるのが新鮮で、面白いなと感じますね。

QUESTION 02

毎日どのような
仕事をしていますか?

新規のクライアントにはバリューアンドリンクの商材の一つである『direct商談システム』のご案内をしています。また既存のクライアントにはシステム導入後のフォローをさせていただいています。システムには大きく二つの機能があり、ドン・キホーテの店舗で商品の仕入れをする担当者と直接チャットができる機能と、Web上にクライアントの商品を掲載できる機能があります。このシステムを使えば全国の店舗と直接商談をしていただくことができ、クライアントの商材を全国の店舗にご提案いただくこともできるので、コストカットと効率化にご活用いただけます。
営業という立場ではありますが、一日の過ごし方としてはデスクにいる時間の方が長いです。お声掛けいただいた卸のご担当者の方に資料をお送りして、必要であれば電話やアポイントでフォローするといった業務内容なので、女性でもやりやすい業務なのではないかと思います。

仕事風景1

QUESTION 03

日々の業務の中で感じる
「バリューアンドリンクのいいところ」
はどんなところですか?

社員一人ひとりをきちんと気にかけあう風土があって、人間関係がとても良好なところは本当にいいな思います。私の部署の中では日頃から「最近どう?」といった声掛けや気遣いが絶えず、上司も逐一「大丈夫?」「どう思う?」と聞いてくれるので、不満を溜めないで働けていると感じます。
あと私は仕事中に独り言をよく言ってしまうのですが、仕事で困っているというアピールをすると「どうしたの?」といった反応が返ってきます。自分から上長や同僚に「相談があるんですけど」と言いに行けることもありますが、そうでないときにもちゃんとフォローしていただけて助かっています。助けてほしいことを自分からアピールできない人にはも上司がきちんと声掛けしてくれたりするので、どちらのタイプにとっても居心地のいい環境だと思います。その他にも休みが取りやすいなど、プライベートと仕事の両立がしやすい点もこの会社のいいところだと思いますね。

QUESTION 04

仕事をするうえで大切にしている
価値観はなんですか?

「人間だもの」という座右の銘を大切にしています。私は失敗することが多くて落ち込みやすい性格なので、切り替えが大事だと思っていつからか掲げるようになりました。人はやはり失敗するものであるという前提を持って、大変なときは助け合う精神が大切だなと思います。
また、仕事に限らず日ごろから心掛けていることなのですが、やはり「感謝」だけはどこに行っても何をしていても忘れないようにしようと思っています。前職ではなかなかお休みをとることもできなかったので 、休日に電車が動いてお店が開いているだけでもありがたいな、と思うようになりました。私がご提案させていただいているdirect商談システムも、自分が作ったものではないので、やはり作ってくれる人がいないと成り立たない仕事なのだと思うと自然と感謝の気持ちが生まれますね。ひとつのものを作るのに、たくさんの人が関わっているんだなということがこの仕事を通して実感できて、世界が広がったように思います。プライベートでも「ありがとう」を日頃から言うように心がけていますが、オフィスの中でも「ありがとう」を聞く頻度は多いと思います。

仕事風景2

QUESTION 05

入社してからのことで
最も記憶に
残っていることを
教えてください。

営業職としての一番のやりがいはやはりご契約いただけたときなのですが、どうやって営業目標の達成に向かっていこうかをチームで話し合っているときにもチーム一丸となって仕事をしている感じがして楽しいと感じます。難しいのは、効率と質の両方を追求することでしょうか。クライアントに寄り添って深く質を追求することも素晴らしいことだと思うのですが、私はどちらかといえば効率の方を重視してしまうところがあるので、「じっくり考えること」と「無駄なく業務を遂行すること」の両方を同時に遂行するのは本当にレベルが高いなと感じます。
そういうときに大切なのは、原点を常に意識することだと思っています。チームで目標への道筋を話し合う際にも「なんのためにやっているのか」が出発点になるので、自分の中でもその点は常に考えるようにしていますし、その方が良い結果に結びつくものだと思います。ゴールに向かう通過点にはいろんなやり方がありますが、「どうやったらクライアントのためになり」「どうやったら早く効率よくできるか」を同時に考えるには最初の目的を忘れないことが肝心ですね。

QUESTION 06

これからやってみたいことや、
将来のビジョンがあれば
聞かせてください。

マネージャー職になりたいと思って入社したので、やはりまずはその目標の達成を目指したいです。達成すべき指標も明確ですし、やった分だけ評価に反映される体制もあります。
今のマネージャーは、成果が出なかったときも「どうすれば目標を達成できるか」「どうやったら個人の能力が引き出せるか」を一緒に考えてくれますし、答えを与えるのではなく答えまでの導き方を教えてくれます。そうして身に着けた考え方や達成までの道のりを追う力は違う案件でも活かせると思っています。目指す以上はこれからさらに営業成績も伸ばしていきたいですし、一緒に働く皆さんへの尊敬の気持ちももっと大切にしていきたいと思います。 プライベートの方では家庭を持って、仕事との両立に取り組んでみたいなと思います。土日祝は休みですし、育児や家庭との両立もしやすいのかなと思います。仕事での成長と自分の人生の充実をどちらも叶えられる働き方を、もっともっと追求できたらいいなと思いますね。

仕事風景3

schedule1日のスケジュール